忍者ブログ
スポンサードリンク


[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

出っ歯を自分で直す方法はあるのか???

出っ歯を自分で直す方法というのは・・・正直ありません!!




皆無ではないと思いますし、都市伝説的な割り箸を噛むとか、そんな治療と言えるかどうが不明な方法が誠しやかに囁かれているのは事実ですが、出っ歯を自分で治療をするというまず出来ず不可能であると思って頂いた方が正しいです。




出っ歯の人には大変気の毒だと思いますが出っ歯を自分で直すという事は出来ません。




出っ歯を直すには、高額で大変に時間のかかる歯列矯正で行うか、若しくはセラミックの治療で薄いセラミックの歯を貼り付ける治療のラミネートベニアを行うか、セラミックのクラウンという被せ物を被せる方法で行うしかありません。一般的に審美歯科治療と言われるような治療です。




歯列矯正で行う人もいない事はないですが・・・大人になってからは歯列矯正を行うよりはオールセラミックのラミネートベニアで行う人の方が多いという印象を受けます。なぜなら、歯の削る量も少なく神経を残したままで芸能人のようにキレイな見た目の歯にする事が出来るからです。歯の見た目を短期間でキレイにするという事に特化した歯科の治療であると思って頂けば良いかと思います。




ラミネートベニアは薄いセラミックで作ったチップを歯の表面を削って貼り付けるという審美歯科治療ですから、あまりに酷い出っ歯を治療する事は出来ません。あまりに出っ歯が酷い場合には、オールセラミックの被せ物(クラウン)の治療になる事が一般的です。若しくは歯列矯正で行うという事が一般的です。




歯列矯正で出っ歯を治療するのか、それとも歯列矯正で出っ歯を治療するのかというのは個人の価値感によるものですので、治療をしたければどちらかを選択する事になります。





歯列矯正のデメリットとしては、確実に出っ歯が治るという事は保証出来ないという事と、長い時間をかければかけるほど、どんどん高額になっていくので効果が出ていないのに関わらずどんどんお金を支払い続けなければならないというデメリットがあります。また、歯が動いて矯正が一時的に成功したように見えて歯が移動したとしても、また戻ってしまう可能性もあるという事です。




それに対してオールセラミックのクラウンで行う治療はほぼ確実に歯並びが変わります。なぜなら、歯を削ってそこにキレイな形のオールセラミックの歯を装着するからです。しかしながら、歯並びが相当に悪い出っ歯の人では神経を抜かずに行えるラミネートベニアというオールセラミックのチップを貼り付ける治療が行えませんから、オールセラミックのクラウンという治療を行い神経を抜くという 抜髄(ばつずい)という治療が入りますから歯の神経を抜いてしまうというデメリットがあります。




出っ歯を治療するには歯列矯正にしろ、オールセラミックの被せ物のクラウン治療の場合には、どちらにせよデメリットがあります。




ただ、そのままの出っ歯で見苦しい姿でコンプレックスのままで過ごして若い時期を終えてしまうのか、それとも出っ歯というコンプレックスを解消して、少しばかり自信を持って若い時代をすごしていくのかどちらにしたいのかを決定するのはあなた自身であるという事です。




また経済的な問題というのもあると思います。ラミネートベニア、オールセラミックの被せ物のクラウンの治療を行いたいという場合には、いま東京でもかなり人気の出ている低価格審美歯科サービスがおススメです。




使っているオールセラミックが歯科業界でトップシェアの一流メーカーのセルコンのジルコニアとイボクラールのIPS e.maxを使用していてセラミックの歯の品質が良いのにここまで激安で審美歯科治療を低価格で受けられるのは現状では、この低価格審美歯科サービスが最も低価格でオールセラミックが高品質であるとう事は現時点では間違いがないでしょう。





ラミネートベニアやオールセラミック、セラミックの歯の審美歯科治療を東京の審美歯科や歯科医院で激安で治療を受けたいと思う方や、どうして良いオールセラミックの素材メーカーの一流の素材を使っている審美歯科治療が激安に出来るのか、又、安過ぎて心配などそのような事がある方は一度、公式ページをじっくり読んで疑問点を解決して出っ歯を治療するために、審美歯科治療を受けるかどうかをしっかりと検討して下さい。




低価格審美歯科サービスの公式ページは下記のバナーをクリックして下さい。そして疑問点などは、メールや電話などで問い合わせみたらいかがでしょうか???
↓↓↓
審美歯科 激安 東京

拍手[0回]

PR

審美歯科で安く高品質なオールセラミックの治療をしよう

審美歯科の治療というのはとっても高額だというイメージがあるかもしれませんが、歯医者自体が過剰でお客様を獲得が出来ないので、歯医者とセラミック、オールセラミックの市場価値自体は下がっています。





けれども、なぜ高額なままなのか???と言えば、歯医者市場のニーズを汲み取ってビジネスを展開出来るほどの手腕がなく、大学の先輩後輩がいつまでも続いていく気持ち悪い業界だから、飛びぬけた事をすると嫌がらせを受けたりとか、素材メーカーから取引をしてもらえなくなったりとするという弊害があったためにそのような事が出来なかったのです。






けれども、時代は動き出していますから、お客様のニーズも芸能人のように整ったキレイな歯にしたいという美容的な要素が強い治療を希望する方がとっても多くなってきましたから、それにいち早く気がつき、また歯医者の市場価値と労働価値を適正基準にしてオールセラミックの審美歯科治療を適正価格に修正したマーケティング会社があります。





それが株式会社Japan Dental Frontierです。この会社が審美歯科サービスの企画を立て、ホームページや広告戦略をフルに使い、お客様を集客しています。そして提携の歯科医院は、この会社の企画した審美歯科サービスの価格でお客様が希望するオールセラミックの審美歯科治療を行うというわけです。






だから、これまで1本10~25万円という価格を提示していた審美歯科のオールセラミックの治療を安くする事に成功し、最高のコストパフォーマンスを出しているので、事故や体質などで歯にコンプレックスがある方の治療や、美容目的のお客様で駆け出しの芸能人、役者、スポーツ選手、又、容姿勝負の水商売のホステス、ホストの方々まで幅広いニーズに応えています。





特に芸能人のような真っ白な歯というのも、このサービスで対応をしてくれます。これは歯科技工士や歯医者でも、芸能関係や水商売関係の方々を相手にしない限りは全く知らないような特別な色のセラミックを使用しますから、経験の無い歯医者では対応出来ない色となります。そこまで対応をして経験を積んでいるのが株式会社Japan Dental Fronteirの審美歯科サービスなのです。






しかも、他の歯医者、審美歯科では平気で10~25万円という価格を提示している一流のオールセラミックのセルコンのジルコニア、イボクラールのIPS e.maxというオールセラミックの治療を安く受ける事が出来るのです。





他の格安歯医者は、セルコンのジルコニアや、イボクラールのIPS e.maxではなく、セレック、はぴかクラウン、エンジェルクラウンというようなものを採用しています。また、どこのものを使っているのか分からない独自に医院で勝手につけた名前で標榜している歯医者まである始末です。






基本的には治療を受けるあなた自身がカウンセリングなどを受けてみて、ここなら受けても大丈夫だと納得するのなら、どの歯医者で治療をしても良いと思うのですが、使っている製品が一流か、そうでないメーカーのものなのか?という事は客観的に金銭的に評価をする事が出来ます。よりコストパフォーマンスが良く、良い素材を使っている治療の方がより良いですよね???





セルコンのジルコニアを安く行ってくれる歯医者と、だいたい同じ値段でセレックを使って治療する歯医者とどちらが良い素材を使っているかと言えば、セルコンに決まっています。





ですから、基本的な価格の比べ方というのは表面的な価格ではなく、どこのメーカーのオールセラミックの歯を使って治療をしているのかという事で同じ製品同士で比べなければ意味がありませんので、この点について気をつけて下さい。





このブログでひとつアドバイスが出来るのはセルコンのジルコニアと、イボクラールのIPS e.maxを使用している審美歯科、歯科医院以外は選ばないほうが良いとアドバイスをさせて頂きます。




ちなみに、審美歯科のオールセラミックで上記に説明してきたオールセラミックをしようしている、すなわち、セルコンのジルコニアと、イボクラールのIPS e.maxを使用している審美歯科サービスでしかも安いというのが下記のバナーの審美歯科サービスです。





オールセラミックの治療を検討している方であれば、詳細を確認しても損はないですし、メールでもある程度の内容はかなり丁寧に答えてくれるという事も評判なのでメールで質問するだけでも質問したりして他の歯医者と比べて、あなたが一番良いと思った歯医者でオールセラミックの治療を受けて下さい。





検討材料の一つとして下記のバナーの安くオールセラミックの審美歯科治療が出来るサービスも詳細を確認して下さいね☆☆☆

↓↓↓

拍手[0回]

東京の審美歯科でオールセラミックの治療!!

東京の審美歯科でオールセラミックの治療を受けようとすると、とても高額な事に驚いた方もとっても多いことだと思います。





でも、前歯がスポーツなどの事故で割れたり、欠けたりしてしまった際には容姿に関わってくるだけに、やはり本物の歯と変わりない感じになるオールセラミックの歯で治療をしたいですよね???





でもオールセラミックの歯の値段を見てビックリ!!って方は案外多いのではないでしょうか。でも、名古屋でとっても人気が出て東京、横浜などの関東方面からもわざわざお客様がオールセラミックの歯の治療をしにくるという審美歯科サービスがありました。





でも、何でわざわざ東京方面から名古屋に???って感じがするかもしれませんが、新幹線で東京から名古屋まで来ても安いというメリットがあったのです。しかも、他の格安歯科と決定的に違うところは、歯科業界のオールセラミックのメーカーとして最も信頼されているオールセラミックを使っていたから人気が出ました。





そのメーカはCercon(セルコン)のジルコニアと、イボクラール社のIPS e,maxです。この二社を使用している歯医者、審美歯科は1本の価格が大抵は10万円を越えます。セルコンのジルコニアに至っては25万という歯医者も珍しくはありません。





名古屋で人気があった安いオールセラミックの審美歯科サービスを展開していた株式会社Japan Dental Frontierでは、歯科業界といっても日本だけではなく世界でもシェアNo1の一流素材のセルコンのジルコニアと、イボクラールのIPS e.maxのオールセラミックを使用するのに格安であったから月間300人という問い合わせがあるという超人気サービスとなりました。




普通セルコンのジルコニアとIPS e.maxというオールセラミックを使用している歯医者の価格を見て頂くと1本の治療費が大抵10万円以上になっていると思います。




安くオールセラミックを提供している審美歯科治療だけれども、使用しているものが一流素材という事で株式会社Japan Dental Frontierがプロモーションする審美歯科サービスは超人気サービスとなったわけです。





安くでも品質の良い最高のメーカーを使ったオールセラミックの治療が東京でも受けられるようになった事がつい最近の2013年4月からです。




東京で審美歯科のオールセラミックの治療で安くて品質が良いところはないかと探していた方や、お値段で躊躇していた方は、一度、株式会社Japan Dental Frontierのページも読んで、オールセラミックの治療を検討して見てくださいね☆☆☆

↓↓↓




拍手[0回]

歯の神経を残してオールセラミックの歯の審美歯科治療を受けられるか?

最近よく言われているのが、「歯の神経がなくなると歯がもろくなるからやめた方が良い」とか、「天然歯を削って、神経まで抜くのは勿体無い」とか言われています。





確かに本数が多い場合に健康な自分の歯の神経を抜いて削るというのは、違和感があるかもしれませんね。ただ、「神経を抜いたほうが良い」「神経を抜かない方が良い」というのはどちらも一理あるという事で、どちらが良いという事は、治療をする際にありません。





特に虫歯などの疾患ではなく、容姿を整えるための歯の治療の場合には、その傾向が強いです。なぜなら疾患を治癒させるためのものではなく、容姿的な満足感に価値をおくからです。なので、その点を充足できる治療方法で最善のものと考えたときの価値観の置き方によってどちらが良いという事はないという事がいえます。




なので、歯の神経を残してオールセラミックの歯の審美歯科治療を受けられるか???という疑問にはイエスでもありノーでもあります。




ただ、神経を抜いて歯を削る量を多くした方が、セラミックの歯自体はきれいになります。これは、変えられない事実です。




ただ神経を抜かずに、歯を削る量も少なめで終わってキレイな歯に出来るという治療でラミネートベニヤという治療方法があります。これは、葉の表面を削って、そこにオールセラミックの薄い膜をはりつけるというものです。しかし、この方法は前歯のみとなります。




奥歯はやはり神経を抜く事が多いでしょう。神経を抜かずに、行う事も出来ますが、結局のところ神経を抜く意味というものも存在していて、虫歯菌が歯根に到達しないようにして、虫歯に気づかないままになってしまい、歯根からダメになってしまうという事を未然に防ぐという事も、歯の神経を抜くという事では考えられています。





歯の神経を抜くと歯がもろくなると言いますが、もろくなるから、その上に銀歯やオールセラミックの被せ物をするわけですから、被せ物の治療をする際に、神経の話が出てくるという事は実はおかしな事なのです。また、「神経を抜かない治療だからうちの医院は良い」というのは少しばかり違和感を感じます。どちらにもデメリットとメリットがあるのです。





結論をまとめてみると、前歯ならラミネートベニアにすれば神経を抜かなくてもキレイな歯に出来る可能性が高く、奥歯であれば神経を抜いてオールセラミックの被せ物を作る事が一般的だという事です。





また、神経を抜かずに、被せ物をするリスクもあり、神経を抜かない治療が優良な治療という事では全くないので、神経を抜かないことが盲目的に良い治療と思ってはいけませんし、また、神経を抜かない治療という事をウリ文句にしている歯医者もおかしいので、他の歯科医院にも行ってみて意見を聞いたりする事が良いと思われます。




このような細かい部分の説明を行ってくれる審美歯科サービスを提供しているのが株式会社Japan Dental Fronteirの企画・運営・管理する審美歯科サービスです。




審美歯科治療で不安がある方、オールセラミックの歯にしたい方、金属アレルギーがあるからオールセラミックの歯にしたい方、又、オールセラミックの歯にしたいけれども金額が高額過ぎて困っていた方は、一度、下記のリンクをクリックして株式会社Japan Dental Frontierの審美歯科サービスのページで詳細を確認して下さい。





また、オールセラミックの歯などにする歯の自費診療を受ける場合には、例えば下記の場所で相談するだけではなく数件の歯医者で相談をして決める方が良いです。なので、選択枠のひとつとして、株式会社Japan Dental Frontierの提携歯科医院でのカウンセリングもおすすめします。





↓↓↓
東京でも安くオールセラミックの歯の治療が受けられる審美歯科サービスの詳細は→こちら





拍手[0回]

オールセラミック・セラミックの歯の治療を受ける際の治療期間

オールセラミック・セラミックの歯の治療は価格がどうしても高額なために治療に入る前に見落としがちになる部分に、どれくらいの期間で治療が終了するかという事があります。




1本や2本程度の歯をオールセラミックの歯にして治療するという事であればそこまで時間はかからないと思いますが。例えば前歯の見える部分を全てラミネートベニアにしたり、オールセラミックの差し歯で歯並びを変えたりという本数が多い治療に関しては、それなりの時間がかかるというのが通常です。




12本の治療を行っている場合には、約3ヶ月ほど時間がかかると理解していた方が良いでしょう。これは、単に回数を増やすために行っているわけではありません。




セラミック・オールセラミックという治療は自費診療ですから、歯医者自体は一日で出来るのなら、一日で全てを終わらせてしまいたいというのが本音です。またなるべく短い期間で終わらせたいというのが、自費診療での歯医者の本音です。




なぜなら、期間を長くすればするほどに利益率が下がっていくからです。保険診療であれば、その細切れにすればするほどにお金がもらえますが自費診療の場合は、そのようにはいきません。




ですから、ちゃんと期間を取る場所の方が良いと一般的に判断出来ます。




一気に治療出来ないのには実は理由があり、歯を触っているとと歯茎が腫れたりするからです。それが落ち着くのにおおよそ2週間ほど時間がかかります。




ですから、6回の通院と考えてみると、丁度3ヶ月程度になるのです。ですから、歯の治療を結構多い本数で考えている方は、希望の治療終了期日の三ヶ月前くらいからは治療を開始しておく事が望ましいです。




なので、8月を思う存分キレイな歯で楽しみたいという方であれば、もう今のうちから動き出していないと間に合わない可能性があります。




なので治療期間の事を考えるのなら、今のうちに歯医者の初回カウンセリングの予約をとって治療の日程を決めておくことが良いでしょう。



まだ、どの歯科医院、審美歯科でラミネートベニアやオールセラミックの治療をしようか悩んでいる方や、一応歯医者に行ってオールセラミックの歯にする相談はしたけれども提示された値段が高額で諦めかけていた人は、下記の審美歯科サービスのページも確認して下さい。




歯科業界で最も良いと言われているオールセラミック素材のメーカーのオールセラミックの歯のセルコンのジルコニア、イボクラールのIPS e.maxで治療が出来るのに、既存の歯医者の自費診療の価格の約3分の1の治療費で、オールセラミックの治療が出来ますので下記はおすすめです。



ただ、人気の審美歯科サービスであるために、早め早めに予約をしておかないと、このサービスはすぐに予約が埋まってしまいます。




4月になったばかりで、まだ色々と落ち着かない状況はあるかもしれませんが、落ち着き出した頃から問合せなどをしていたら、間に合いません。




ここまでにはキレイにしておきたいという場合行事がある直前になって、問合せをしても、その期間では治療は終了出来ませんと説明されるだけですから、しっかりとオールセラミック・セラミックの歯に変えたいという事であれば、今のうちから、初回のカウンセリングの予約をしたり、治療期間を相談したりするのがベターです。



安く高品質なオールセラミックメーカーの素材をつかったオールセラミックの歯で安く治療が出来るの審美歯科サービスの詳細は → こちら

拍手[0回]