忍者ブログ
スポンサードリンク


[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

出っ歯を自分で直す方法はあるのか???

出っ歯を自分で直す方法というのは・・・正直ありません!!




皆無ではないと思いますし、都市伝説的な割り箸を噛むとか、そんな治療と言えるかどうが不明な方法が誠しやかに囁かれているのは事実ですが、出っ歯を自分で治療をするというまず出来ず不可能であると思って頂いた方が正しいです。




出っ歯の人には大変気の毒だと思いますが出っ歯を自分で直すという事は出来ません。




出っ歯を直すには、高額で大変に時間のかかる歯列矯正で行うか、若しくはセラミックの治療で薄いセラミックの歯を貼り付ける治療のラミネートベニアを行うか、セラミックのクラウンという被せ物を被せる方法で行うしかありません。一般的に審美歯科治療と言われるような治療です。




歯列矯正で行う人もいない事はないですが・・・大人になってからは歯列矯正を行うよりはオールセラミックのラミネートベニアで行う人の方が多いという印象を受けます。なぜなら、歯の削る量も少なく神経を残したままで芸能人のようにキレイな見た目の歯にする事が出来るからです。歯の見た目を短期間でキレイにするという事に特化した歯科の治療であると思って頂けば良いかと思います。




ラミネートベニアは薄いセラミックで作ったチップを歯の表面を削って貼り付けるという審美歯科治療ですから、あまりに酷い出っ歯を治療する事は出来ません。あまりに出っ歯が酷い場合には、オールセラミックの被せ物(クラウン)の治療になる事が一般的です。若しくは歯列矯正で行うという事が一般的です。




歯列矯正で出っ歯を治療するのか、それとも歯列矯正で出っ歯を治療するのかというのは個人の価値感によるものですので、治療をしたければどちらかを選択する事になります。





歯列矯正のデメリットとしては、確実に出っ歯が治るという事は保証出来ないという事と、長い時間をかければかけるほど、どんどん高額になっていくので効果が出ていないのに関わらずどんどんお金を支払い続けなければならないというデメリットがあります。また、歯が動いて矯正が一時的に成功したように見えて歯が移動したとしても、また戻ってしまう可能性もあるという事です。




それに対してオールセラミックのクラウンで行う治療はほぼ確実に歯並びが変わります。なぜなら、歯を削ってそこにキレイな形のオールセラミックの歯を装着するからです。しかしながら、歯並びが相当に悪い出っ歯の人では神経を抜かずに行えるラミネートベニアというオールセラミックのチップを貼り付ける治療が行えませんから、オールセラミックのクラウンという治療を行い神経を抜くという 抜髄(ばつずい)という治療が入りますから歯の神経を抜いてしまうというデメリットがあります。




出っ歯を治療するには歯列矯正にしろ、オールセラミックの被せ物のクラウン治療の場合には、どちらにせよデメリットがあります。




ただ、そのままの出っ歯で見苦しい姿でコンプレックスのままで過ごして若い時期を終えてしまうのか、それとも出っ歯というコンプレックスを解消して、少しばかり自信を持って若い時代をすごしていくのかどちらにしたいのかを決定するのはあなた自身であるという事です。




また経済的な問題というのもあると思います。ラミネートベニア、オールセラミックの被せ物のクラウンの治療を行いたいという場合には、いま東京でもかなり人気の出ている低価格審美歯科サービスがおススメです。




使っているオールセラミックが歯科業界でトップシェアの一流メーカーのセルコンのジルコニアとイボクラールのIPS e.maxを使用していてセラミックの歯の品質が良いのにここまで激安で審美歯科治療を低価格で受けられるのは現状では、この低価格審美歯科サービスが最も低価格でオールセラミックが高品質であるとう事は現時点では間違いがないでしょう。





ラミネートベニアやオールセラミック、セラミックの歯の審美歯科治療を東京の審美歯科や歯科医院で激安で治療を受けたいと思う方や、どうして良いオールセラミックの素材メーカーの一流の素材を使っている審美歯科治療が激安に出来るのか、又、安過ぎて心配などそのような事がある方は一度、公式ページをじっくり読んで疑問点を解決して出っ歯を治療するために、審美歯科治療を受けるかどうかをしっかりと検討して下さい。




低価格審美歯科サービスの公式ページは下記のバナーをクリックして下さい。そして疑問点などは、メールや電話などで問い合わせみたらいかがでしょうか???
↓↓↓
審美歯科 激安 東京

拍手[0回]

PR