忍者ブログ
スポンサードリンク


[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

歯の神経を残してオールセラミックの歯の審美歯科治療を受けられるか?

最近よく言われているのが、「歯の神経がなくなると歯がもろくなるからやめた方が良い」とか、「天然歯を削って、神経まで抜くのは勿体無い」とか言われています。





確かに本数が多い場合に健康な自分の歯の神経を抜いて削るというのは、違和感があるかもしれませんね。ただ、「神経を抜いたほうが良い」「神経を抜かない方が良い」というのはどちらも一理あるという事で、どちらが良いという事は、治療をする際にありません。





特に虫歯などの疾患ではなく、容姿を整えるための歯の治療の場合には、その傾向が強いです。なぜなら疾患を治癒させるためのものではなく、容姿的な満足感に価値をおくからです。なので、その点を充足できる治療方法で最善のものと考えたときの価値観の置き方によってどちらが良いという事はないという事がいえます。




なので、歯の神経を残してオールセラミックの歯の審美歯科治療を受けられるか???という疑問にはイエスでもありノーでもあります。




ただ、神経を抜いて歯を削る量を多くした方が、セラミックの歯自体はきれいになります。これは、変えられない事実です。




ただ神経を抜かずに、歯を削る量も少なめで終わってキレイな歯に出来るという治療でラミネートベニヤという治療方法があります。これは、葉の表面を削って、そこにオールセラミックの薄い膜をはりつけるというものです。しかし、この方法は前歯のみとなります。




奥歯はやはり神経を抜く事が多いでしょう。神経を抜かずに、行う事も出来ますが、結局のところ神経を抜く意味というものも存在していて、虫歯菌が歯根に到達しないようにして、虫歯に気づかないままになってしまい、歯根からダメになってしまうという事を未然に防ぐという事も、歯の神経を抜くという事では考えられています。





歯の神経を抜くと歯がもろくなると言いますが、もろくなるから、その上に銀歯やオールセラミックの被せ物をするわけですから、被せ物の治療をする際に、神経の話が出てくるという事は実はおかしな事なのです。また、「神経を抜かない治療だからうちの医院は良い」というのは少しばかり違和感を感じます。どちらにもデメリットとメリットがあるのです。





結論をまとめてみると、前歯ならラミネートベニアにすれば神経を抜かなくてもキレイな歯に出来る可能性が高く、奥歯であれば神経を抜いてオールセラミックの被せ物を作る事が一般的だという事です。





また、神経を抜かずに、被せ物をするリスクもあり、神経を抜かない治療が優良な治療という事では全くないので、神経を抜かないことが盲目的に良い治療と思ってはいけませんし、また、神経を抜かない治療という事をウリ文句にしている歯医者もおかしいので、他の歯科医院にも行ってみて意見を聞いたりする事が良いと思われます。




このような細かい部分の説明を行ってくれる審美歯科サービスを提供しているのが株式会社Japan Dental Fronteirの企画・運営・管理する審美歯科サービスです。




審美歯科治療で不安がある方、オールセラミックの歯にしたい方、金属アレルギーがあるからオールセラミックの歯にしたい方、又、オールセラミックの歯にしたいけれども金額が高額過ぎて困っていた方は、一度、下記のリンクをクリックして株式会社Japan Dental Frontierの審美歯科サービスのページで詳細を確認して下さい。





また、オールセラミックの歯などにする歯の自費診療を受ける場合には、例えば下記の場所で相談するだけではなく数件の歯医者で相談をして決める方が良いです。なので、選択枠のひとつとして、株式会社Japan Dental Frontierの提携歯科医院でのカウンセリングもおすすめします。





↓↓↓
東京でも安くオールセラミックの歯の治療が受けられる審美歯科サービスの詳細は→こちら





拍手[0回]

PR